back


第1集・世界中のこどもたちが
トラや帽子店・新沢としひこ




crayonhouse CMP-9271

1. 世界中のこどもたちが
2. ハッピーチルドレン
3. テルテルボーイズ
4. 誰かが星を見ていた
5. 海ボウズ山ボウズ
6. おじいちゃんのカメ

7.
8.
9.
10.
11.
12.

丘をこえたらおべんとう
ふしぎな月夜の音楽会
うさぎ野原のクリスマス
はじめの一歩
雪男のヨーデル
ともだちになるために

トラや帽子店 :

中川ひろたか (voc, guitar)
福尾野歩 (voc, perc)
増田裕子 (voc, pf)

新沢としひこ (voc)

PRODUCED : CRAYONHOUSE
DIRECTED & ARRANGERD : クニ河内
MIXER : 伊豫部富治
RECORDING at 星と虹レコーディングスタジオ

MUSICIAN :
城戸慎哉 (drs), 横山雅史 (bass), 下畑薫 (guitar)
武田和三 (trp), 岩瀬富美夫 (trb), 竹上良成 (sax)
金子飛鳥、桑野聖、桑野千絵、竹内純 (violin)
秋山俊樹 (viora), 寺井庸裕 (cello)

「録音の原点にたってやりたいんだ」プロデューサーのクニ河内さんはそういった。
後になって「原点」の意味を理解した。「不自由」ということだったんだと。
場所は山梨県小淵沢、クニさんの友人で、歯医者さんのプライベートスタジオ。
機材はすべて民生機。ティアックのミキサーと、16チャンネルのマルチレコーダ。
ローランドのエフェクター1台。dbx のリミッターが1台。沢山あればいいっても
んじゃないが・・・。
マイクロフォンは私の知らない製品ばかり。全部で10本くらい。
「ソニーのマイクロフォン(C-38)を2本持っているがどうする?」とクニさん
がいった。ゲストにリズム隊の他、弦やホーンが入る。勿論使わせて貰う。
必要な機材はリースしても構わないといった。しかし、あれもこれもと注文だした
ら一式揃えることになりかねない。クニさんのコンセプトから外れる。なによりも
お金がかかる。
多少の機材を持ち込んだとしても大して意味がない。苦いコーヒーに少しばかりの
砂糖を入れてもオイシクならないのと同じように・・・。入れないよりましだと思
うかもしれないが、やっぱり不味いだろうな。
のんびりと、時間を気にせず、しかも空気のイイ森の中、環境と設備を天秤にかけ
たのだ。録音が出来ればよい。大事なのは中身。私はそう解釈した。そして「機材
を心配するんだったら行くの止めようよ」と、クニさんにいった。
私は個人的な機材は何ひとつ持っていない。与えられた条件でやる主義。これは私
のコンセプトでもある。
結局持ち込んだのは、クニさんの C-38が2本とDAT (digital audio tape)1台だけ。
まさにクニさんのいう録音の原点。
それにしても大変だった。突然テレコが停まった。中をのぞいたらモーターが落ち
ていた。ミキサーの不良チャンネル続出。もう信じられないことだらけ…。
このシリーズは全8集の内、第7集まで担当した。きちっとしたスタジオで録音し
たのは二度だけ。あとはどれも基本的に同じような条件。興味ある人は原宿クレヨ
ンハウスで買って聴いて下さい。

「トラや帽子店」のメンバー三人と、新沢としひこは、ともに保母さん保父さんの
経験者。揃って子供のための「あそびうた」の研究者でもある。
音楽で、遊び、学び、そして夢中にさせる。この四人は、ココロザシを同じにする
者同士、自然に出会った。

クレヨンハウス出版の月刊誌「音楽広場」に、新沢としひこ作詩、中川ひろたか作
曲で、その月をイメージした曲を毎月発表していた。
これをシリーズで、毎年春に録音した。現在、月刊「クーヨン」と改訂、引き続き
二人の連載は続いている。
このグループ、単なる子供向けの音楽集団ではない。一緒に来る親をも夢中にさせ
まきこんでしまった天才集団。

「トラや帽子店」は2000年3月解散した。中川ひろたかは「ソングレコード」を
設立しソロ活動。増田裕子は平田明子と「ケロポンズ」と新たなユニットを結成。
福尾野歩はソロ活動を続けている。
中川ひろたか、新沢としひこのコンビで月刊「クーヨン」に連載の作品は、ソング
レコードが制作、発売している。

クレヨンハウス
中川ひろたか
福尾野歩
増田裕子
新沢としひこ


back